略歴

1947年東京生まれ。
67年立教大学を中退し木工芸彫刻家 故 柴﨑始に師事。
79年茨城の日本産漆に出会う。以後、手クロメによる精漆をつづける。
82年人間国宝・故 赤地友哉に師事する。   
88年「荻窪銀花」にて、個展活動を始める。 
 90年日本橋三越本店にて「木汁居漆芸展」三人展。(以降93、96、99、04 年)
 91年長男、重隆工房に入る。工房作品を手掛け始める。
 92年茨城県北の旧那珂郡山方町に荻房漆園を造成する。
95年日本橋三越本店美術サロンにて個展。 (以降97年)
 96年新宿伊勢丹本店にて個展 以降13 回ほぼ毎年開催
秋田「小松クラフトスペース」にて個展、数年おきに5回開催
 2000年日本橋三越本店特選画廊にて個展。(以降03・06・09・12・15年) 
現在の茨城県常陸大宮市に漆液と木工轆轤の為の仕事場を新設
 01年阪急梅田本店美術画廊にて個展
ギャラリー「瑞玉」にて個展。(以降03 年)
 04年 大阪ギャラリー「びぎゃら」にて個展。(以後2 年おきに開催)
09年 日本橋三越本店工芸サロンにて個展
10年 新宿柿傳ギャラリーにて個展(以降14年)
11年 JR 大阪三越伊勢丹美術画廊にて個展
 14年銀座三越にて「森からの恵 荻房漆展」・その他 個展・工房展多数   
日本産漆を支援するNPO法人 壱木呂の会理事長・奥久慈漆生産組合 顧問・常陸大宮大使
紹介されている本、雑誌:[ 手仕事の生活道具たち]  [ 手仕事の贈りもの]片柳草生著
Elle deco ドイツ版、 コンフォルト61、74 号・家庭画報・ その他多数
日経BP社下記「技のココロ」サイト04 漆器で本間の理念と制作を御覧頂けます。
http://techon.nikkeibp.co.jp/column/wazanokokoro/